前へ
次へ

葬式に着用する喪服の失敗しない選び方の詳細

葬式に参列する際は喪服を着用するのがマナーですが、単に黒い色の服を着れば良いというものではありません。
喪服にはそれ相応のデザインがあるため、知らずに着ると無礼を働いてしまう形になります。
社会人として恥ずかしくない、厳かな雰囲気の場に適した喪服を選ぶことが大切です。
喪服は様々なデザインの物が売られていますが、葬式は故人との最後の別れの場です。
厳かな雰囲気の中で行うものなので、目立つ特異なデザインの喪服は避けます。
喪服は個性をアピールする用途で着る服では無いので、シンプルかつ落ち着いた質感の一着を選ぶのが社会人に求められる姿勢になります。
女性の場合は喪服に添えるアクセサリーにも注意しなければ非常に失礼なことになってしまうので注意が必要です。
本来なら一切のアクセサリーは使わないのがマナーですが、例外的に真珠を使った質素なデザインのアクセサリーなら少数の使用は可能です。
男性の場合は真珠を使ったネクタイピンなど実用性が重視された物であれば身に着けることが出来ます。

Page Top