前へ
次へ

子供を葬式に参列させる際のマナー

故人を見送る場である葬式は騒がずに厳かな雰囲気の中で行うのが普通です。
小さい子供は退屈してしまうので出来るだけ参列させないことが大切ですが、どうしても連れ立って参列する必要がある場合は細心の注意を払うことを心がけます。
葬式を中座するのは失礼とされていますが、子供がぐずった場合はその限りではありません。
子供の様子に気を配り、異変に気が付いたら泣き出す前にその場を離れるのがマナーです。
子供の服装については基本的に私服で構いませんが、派手な色合いの物は避けます。
また、アクセサリーも使わずにシンプルな格好にまとめるのが無難です。
就学に至る年齢の子供の場合、学生服があればそれを着用させるのが普通です。
学生服は子供にとって式服や礼服の意味合いがあるのが理由です。
香典については親と連名で出すのがマナーとされていましたが、現在では未成年か、あるいは就学している子供であれば香典を出す必要は無いとされています。

Page Top