前へ
次へ

葬式の費用を子供たちに負担させるべきではない

日本は超高齢社会に突入し、高齢者の数がどんどん多くなっています。
高齢者が多くなるということは、今後亡くなってしまう方が多くなることが考えられます。
寿命には限界があるので、こればかりは仕方ありません。
誰かが亡くなった場合、葬式を行わなければいけません。
100万円くらいかかるので、大きな負担となることは間違いないです。
自分が亡くなった際は、子供たちに負担してもらおうと考えている方は少なくないはずです。
親のためなので仕方ないと思ってくれるかもしれませんが、これからは自分の葬式の費用は自分で出すようにするべきです。
本当に困窮している方以外は、退職金や年金等で用意することができると思います。
また、費用に加えて、葬式の内容を決めておくことを推奨します。
亡くなった後はバタバタして準備が大変なので、どの葬儀会社を利用し、誰を呼ぶかなどについて決めておくことが望ましいです。
少しでも子供たちの負担を減らすことは大事です。

Page Top