前へ
次へ

意外に知らないお葬式の服装の常識

お葬式に来ていく服装といえば、黒い礼服に黒いバッグ、黒い靴、黒いストッキングが基本ですよね。
靴やバッグはなるべく装飾のないもので地味なタイプが基本です。
そこまではなんとなく皆さんが知っていることだと思います。
若い世代を中心に意外に知られていないのが、バッグや靴の素材なんです。
装飾のない地味なデザインならば何でもいいと思っている方も多いのですが、実はNGのものもあるんです。
お葬式に着用する靴やバッグは合皮や布素材が基本です。
本革はNGです。
なぜなら本革は動物の皮ですよね、殺生をイメージしてしまうので相応しい素材ではないと言われています。
合皮よりも本革のほうが素材もリッチですし、チープな合皮よりも相応しいのではないかと思っている方もいるようですが、お葬式に関してはそうではないのです。
もちろんそれは男性の靴に関しても同じです。
合皮の靴やバッグはそんなに高価ではないので、社会人になったらお葬式用に一式そろえておくと安心かもしれませんね。

中学生の夏休みに短期留学をしよう
英語集中コースやスポーツ留学、親子で留学など様々な留学コースがあります。詳しくはこちらから

さくっとホームページ制作東京

Page Top