前へ
次へ

宗教ごとに異なる葬式時のタブーの詳細

葬式の際に行ってはいけないタブーは宗教ごとに大きく異なります。
中には正反対の意味を持つ行為もあるので、葬式に出る際は宗教ごとのタブーを正しく把握することが大切です。
失礼が無いように立ち振る舞う必要がありますが、あまり格式ばった行動を取ると却って不自然に見えるので注意します。
葬式時のタブーで宗教に関係無く当てはまるのは遺族に対するプライバシーの侵害です。
故人の臨終の様や葬式後の生活について根掘り葉掘り聞くのは非常に失礼な行為です。
また、仲の良し悪しを問わず故人や親族との関係を露骨にアピールするのも非常識と見なされるので避けます。
葬式は故人を偲ぶ場なので、最後の別れを惜しむことを第一に心がけるのがマナーです。
塩をかけたり忌み言葉を避けるなどの行為は宗教ごとに意味合いが違うので、信者でもない限り、特定の宗教だけに通じる言動は取らないのが無難です。
事情があって葬式に出られない時は後日に出来るだけ早く挨拶することを心がけます。

Page Top